HOME > Beehive(ビーハイブ)【静岡県伊豆の国市】

緑豊かな山里にある養蜂園&はちみつショップBeehive(ビーハイブ)【静岡県伊豆の国市】

緑豊かな山里にある養蜂園&はちみつショップBeehive(ビーハイブ)【静岡県伊豆の国市】

生命の巡りがもたらす、ミツバチの贈り物

初夏の早朝5時、熱海の山間に広がるみかん畑では、「Beehive」の村上康裕さん・亜紀子さん夫妻が採蜜作業に追われていた。康裕さんが巣箱から蜜が蓄えられた巣枠を出して運び、亜紀子さんが手早く分離器にかける。息の合った作業により透き通った滴が一斗缶に注がれていく。スプーンでひとすくい口に運ぶと、繊細な甘さの後に柑橘のさわやかな香りがふわりと広がった。 ミツバチは、運んだ花蜜に体内の酵素を加えて果糖・ブドウ糖へと変化させ、羽ばたきで風を送り余分な水分を飛ばしてゆっくりと蜜を熟成させる。村上さん夫妻は、ミツバチの力で「完熟するまで」待つ。また「高温加熱をしない」「添加物を加えない」「抗生物質を使わない」、つまり自然そのままのはちみつにこだわっている。実はミツバチは繊細な生き物で、伝染病によって巣箱すべてが全滅することもあるという。しかし予防のための抗生物質は使わず、その分、きめ細かな観察や巣箱の管理などに手間をかける。「ミツバチ一匹が一度に運ぶ蜜はほんのわずか。それを自らの体を使って熟成させる。その生態を毎日見ていると、これは奇蹟の一滴だと謙虚な気持ちになるのです」と語る康裕さん。将来は「ミツバチの不思議な生態を通して、自然のつながりを伝えていきたい」と笑顔を見せた。

 

緑豊かな山里にある養蜂園&はちみつショップ Beehive(ビーハイブ)【静岡県伊豆の国市】

緑豊かな山里にある養蜂園&はちみつショップ

春は伊豆半島、夏は北海道で養蜂と採蜜を行う村上さん夫妻。主に手入れが行き届かなくなった休耕地を利用し、自然のつながりを意識して取り組む。ショップではさくら、菩提樹、みかん、百花蜜、アカシアなどのはちみつを試食しながら、お気に入りの蜜を購入できる。ショップの隣ではビオトープを造園中。

 

Beehive(ビーハイブ)

〒410-2301 静岡県伊豆の国市田中山1127

TEL:0558-79-1508

営業時間:9:00~日の入り

定休日:日~水曜

http://beehive3883.com/

 

新東名 長泉沼津より約50分/東名高速 沼津ICより約45分