HOME > アサ佳(あさか)【岐阜県土岐市】

存在感を放つ器で、空間に遊び心をプラス アサ佳(アサか)【岐阜県土岐市】

土に触れた瞬間に開けた陶芸家への道

土に触れた瞬間に開けた
陶芸家への道

立体感のある構造や、ビビッドな色使いなど、一度目にすると深く記憶に刻まれる印象的なアサ佳さんの作品。「手に取った時に、マックスの感動を与えたい」と話す通り、二重構造になった独特の立体的なフォルムや色合いに引き込まれる作品ばかり。インテリアとして、食器として、さり気なくそこに置くだけで、周りの空気を変える強烈な存在感をまとっている。

 

アサ佳さんが陶芸家を目指すようになったのは、大学時代。卒業後の進路を考え始めた時、当然のように企業に就職し、会社員として人生を終えることに、ふと疑問と焦りを感じた。漠然と「ものづくりがしたい!」と思っていた時に浮かんだのが、通学路にあった陶芸教室だった。はじめて土に触れた瞬間、自分が陶芸家になるイメージが鮮明に浮かび、「思い描いていた理想と、悶々としていた現実の隙間が一気に埋まった気がした」というアサ佳さん。

 

大学卒業後、社会人としての常識を身に付けるために一度は建設会社に就職。3年間勤務した後、多治見市陶磁器意匠研究所へ入所した。

固定概念にとらわれない発想で陶器の可能性を追求

固定概念にとらわれない発想で
陶器の可能性を追求

現在は土岐市の自宅兼工房で、作陶活動に励むアサ佳さん。

 

「プロとアマチュアの最大の違いは、提案できるかどうか。アマチュアは自己満足でも良いけれど、プロは作品の先に使う人がいることを意識しなければ。その上で、陶芸家としてプロである以上、作り手としての“個”を表現する作品でなければいけない」と語るアサ佳さん。その発想源は、身近な植物からSF映画に登場する戦艦まで実に幅広い。例えば、水面に映る光の揺らめきをモチーフにした鋳込みによる二重構造のカップや、SF映画からインスピレーションを受けたという個性的なフォルムの飯碗など、実にバラエティー豊か。大学の卒業制作では、やきもので積み木状のスピーカーを作るなど、固定概念にとらわれない作品づくりを続けるアサ佳さん。「土岐というやきものの本場だからこそ、伝えられることがあるはず」。独特のフィルターを通して、陶芸の未知なる可能性を追求している。

 

プロフィール

埼玉県朝霞市出身。大学時代、就職してサラリーマンになることに違和感を抱き、通学路にあった陶芸教室に通い始める。土に触れた瞬間、陶芸家になることを決意。大学卒業後は社会人としての常識を学ぶため、建設会社で経理を担当。3年間勤めた後、25歳の時、多治見市陶磁器意匠研究所へ。2013年独立。土岐市の自宅兼工房で作陶中。

  • ミナモノモアレカップ

    ミナモノモアレカップ

    インテリアとしても存在感抜群!立体アートのようなカップ。
    「手に取った時にマックスの感動を与えたい」と話す土岐市在住の作り手、アサ佳さんの代表的なシリーズ。1年以上かけて試行錯誤の上に完成したという、独特の二重構造が特徴です。水面にきらめく陽光をイメージして、フリーハンドで刻まれた外枠の柄の中から、内側のビビッドな色が除きます。ホームパーティーのおもてなしとして使えば話題の的になるのはもちろん、インテリアとして飾ると空間が一気に華やぎます。誕生日や結婚、新居祝いなど、おめでたいシーンの贈り物にも最適です。

    ■ color:スカーレット/イエロー/インディゴ/アイスグリーン
    ■ size:φ約80mm×H約80mm
    ■ material:磁器

    続きを読む

  • ミナモノモアレ碗【※受注生産】

    ミナモノモアレ碗【※受注生産】

    茶道への造詣が深い土岐市在住の作り手、アサ佳さんが茶器作りからスタートしたT.I.Eシリーズより、新作の飯碗が登場。胴の部分は、洗練された日本の美をたたえながらも、高台部分はSF映画からインスピレーションを受けてデザインしたという、ユニークな形が印象的です。胴部分はさらりとした心地よい手ざわりで、見込には釉薬を施してツヤのある仕上げになっています。純白の中にブラックのラインが際立ち、シャープさを演出しています。

    ■ color:スカーレット/アイスグリーン
    ■ size:φ約130mm×H約65mm
    ■ material:磁器

    続きを読む

  • T.I.E 飯碗(茶)

    T.I.E 飯碗(茶)

    茶の湯の心とSFの世界が融合、美意識をくすぐる茶碗
    茶道への造詣が深い土岐市在住の作り手、アサ佳さんが茶器作りからスタートしたT.I.Eシリーズより、新作の飯碗が登場。胴の部分は、洗練された日本の美をたたえながらも、高台部分はSF映画からインスピレーションを受けてデザインしたという、ユニークな形が印象的です。気品を感じさせるシックな佇まいで、見込みはざらりとした土の感触を残して仕上げています。

    ■ size:φ約125mm×H約65mm
    ■ material:陶器

    続きを読む

  • T.I.E 飯碗(茶)

    T.I.E 飯碗(茶)

    茶の湯の心とSFの世界が融合、美意識をくすぐる茶碗
    茶道への造詣が深い土岐市在住の作り手、アサ佳さんが茶器作りからスタートしたT.I.Eシリーズより、新作の飯碗が登場。胴の部分は、洗練された日本の美をたたえながらも、高台部分はSF映画からインスピレーションを受けてデザインしたという、ユニークな形が印象的です。胴部分はさらりとした心地よい手ざわりで、見込には釉薬を施してツヤのある仕上げになっています。純白の中にブラックのラインが際立ち、シャープさを演出しています。

    ■ size:φ約120mm×H約65mm
    ■ material:磁器

    続きを読む

  • T.I.E 飯碗(白)

    T.I.E 飯碗(白)

    茶の湯の心とSFの世界が融合、美意識をくすぐる茶碗
    茶道への造詣が深い土岐市在住の作り手、アサ佳さんが茶器作りからスタートしたT.I.Eシリーズより、新作の飯碗が登場。胴の部分は、洗練された日本の美をたたえながらも、高台部分はSF映画からインスピレーションを受けてデザインしたという、ユニークな形が印象的です。胴部分はさらりとした心地よい手ざわりで、見込には釉薬を施してツヤのある仕上げになっています。純白の中にブラックのラインが際立ち、シャープさを演出しています。

    ■ size:φ約120mm×H約65mm
    ■ material:磁器

    続きを読む